早起きしたら進んじゃった

1125()  28日目

 

 なんと朝7時に出発です。特に理由はないですが。西へ向かって千畳敷へ。海かと思ってたら山というか丘というか草原でした。絶対千畳は無いと思います。テント泊のお兄ちゃんがいたよ。昨夜の強風は大丈夫だったんだろうか。その後は龍宮の潮吹へ、と言うより元乃隅神社のほうが通りがいいか。え、有料駐車場ができてる。さらにエンタメ神社っぽくなってる。さらに鳥居塗り替えてないか。あまり由緒のない現代神社は興味ないし、目的はジオなので駐車場代マケてくれんかな。朝8時過ぎなのに駐車場が半分くらい埋まってたぞ。で皆は神社見たら帰るのね。岩場に行くのオレだけかい。玄武岩が龍鱗のように見えるし、潮が吹き上がるほうが面白いと思うんだけどな。おかげで眼鏡もカメラレンズも潮まみれになったけど。

道の駅で日の出を見る。雲っちょるな。

千畳敷へ。京間はもちろん団地間にしても千畳ないぞ

町が光芒に照らされとる

元乃隅神社

狐キャラにも賽銭箱

鳥居にも賽銭箱。ホントは鳥居にモノ投げちゃいけないのだ。

今日も海は荒れている

ジオ派のメインはこちら。この潮がどこから流れているかというと、

この玄武岩の岩場に立つと

左側でプシューッと潮を吹いています

岩肌もカッコいいぞ

 この先、川尻岬とか俵島に行こうかと考えてたけど、潮まみれになったし、曇ってるし、海も飽きたし、もういっか。海は晴れんと魅力半減だしね。と言うことで山へ。大坊ダムに向かいましょう。二車線国道沿いなのでアクセスが良いです。海沿いを行かなかった分で風呂にでも入るか。午前中から温泉です。チョイスは俵山温泉の町の湯で。いつのまにか砂利ヶ峠にトンネルが出来ててむちゃくちゃショートカットになってた。こうして峠道は廃れていくんだろうな。お?麻羅観音200m?これは寄らなきゃ。想像どおりシンボル奉納の子授け祈願なのですが、由来を読んで泣いちゃったよ。そうか、大内義隆の末子がここで、、、。大名の子なんだから首検分でよかろうに。まあ由来はともかく祈願する人は子宝に恵まれますように。ストップザ少子化。俵山温泉は好きなのです。アルカリ性単純泉で飲泉もできるし、ツルツルというよりツルンツルン。昔ながらの温泉街の雰囲気ですが、廃業の旅館も増えててちょっと淋しげ。国道491をクネクネと南に降りていくと一の俣桜公園、池に立ち枯れの木があって鯉が泳いでた。季節外れは人も来なさそうなので、鯉も腹ペコじゃろうと無人販売でエサ買って池に撒いても鴨に横取りされる始末。最近の鯉は弱いのか。

大坊ダム

ダム湖は赤滝湖

緑のラジアルゲートが映える

麻羅観音へ。既に直立が見えていますね。

いやそこまでせんでも、、、

倒れてるのも悲しいな

いっぱい奉納されてます

元気な赤ちゃんを!

俵山温泉は昔ながらの温泉街

裏手には川も流れてます。昔は川の湯という浴場もあった。

今日は町の湯に入りました

一の俣桜公園には池に立ち枯れの木

餌を求めて鯉が集合

桜は咲いてないが紅葉が少々

 

 あれ、晴れてきたぞ。海に行かないつもりだったが、晴れるなら話が変わるな。角島が近いし、寄ってみるか。いや結局また曇ったのですが、角島大橋はどこから人が湧いてくるのか、あ今日は土曜日か。ここまで来たら角島灯台まで行くかね。いやしかし有料駐車場が多いな。山口県は世知辛いぜ。角島から戻って道の駅・豊北へ、その後は特牛(なんと読む?)駅に寄る。今年6月の大雨災害でダメージを受け未だ不通路線みたい。列車が走らないと線路も錆びつきます。駅ネコも淋しそうにしてた。

「臨海絶景の稲荷神社」と看板が出てたんで福徳稲荷神社に寄ったのですが、自ら謳っときながら境内にはやたらと撮影禁止マークが。なんか矛盾してないか。本殿の中は撮るもんじゃないのは分かるけど、社殿を背に海を撮るのも「神様にお尻を向けるのは失礼です」とか「1円玉の賽銭は失礼です」とか、よほどここの神さまは礼儀正しいのか。いろいろとあって撮影禁止にしたんだろうけど、まあここも最近の創建なのでそんなもんか。

角島大橋

橋の下ではサーフィンしてる

島に渡った側からはこんなの

灯台まで足を伸ばした。有料なので入らんかったが。

道の駅・豊北からは角島大橋が見えます

特牛駅

「こっとい」と読みます。難読地名で有名。

列車が来ないので線路も錆びつきます

駅ネコも淋しそうだ

お見送りしてくれました

福徳稲荷神社

神様にお尻を向けて撮っちゃった

 

 島根で一番大きい樟のとこで教えてもらった川棚のクスの森に行ってみた。うーん、平成の終わり頃に枯死しかけたようで元気がなかった。以前とは見る影もなし。再生中ということでなんとか持ちこたえてほしい。ここまで来たので、本州最西端の毘沙ノ鼻に寄りましょう。ゴミ処理場のフェンスに沿って到着。日の入りには少し早かったし雲が分厚かったけど、なかなか景色よかった。なんだかんだ言っても結局海に行ってるじゃないか。身体が冷えたので近場の川棚温泉青龍泉へ。カルシウム-ナトリウム塩化物泉、掛け流しなのですが塩素投入、またRed eyeになったよ。いやしかし俵山温泉もそうだったけど公衆浴場のロッカー有料が多いな。山口県は世知辛いぜ(デジャヴ)。地味に小銭が消えていくよ。

川棚のクスの森へ

あちこち切られて元気がない

以前はこうだったようです

裏から見るとまだ凄みは残してるけど

毘沙ノ鼻では何故か恐竜がお出迎え

下関市はすみっコぐらしとコラボしてます

うーん、雲が分厚いな

光の道を船が横切ります

川棚温泉青龍泉

 瓦そば食おうかと思ったけど既に閉店、ジョイフルでWi-Fi繋げながら飯食って、道の駅・きくがわでお休みです。今日は結構走った。