今日は歩くつもりないのです。なのに何故?

3月3日(日)  71日目

 

 昨夜は寒かったのに、朝は良い天気です。ひざが痛いので今日は極力歩かないつもり、と言うことで観光重視です。地図を見ていると、押渕の鬼ヶ城というのを見つけました。いいですねぇ、熊野の鬼ヶ城とどう違うのか、少し走りますが行ってみましょう。うーむ、山でしたね、これが急坂と石段を登るのです。まあ洞窟があるだけですが、周辺の岩が地層褶曲でなかなかに見応えがありました。下りて反対側へ行くといい感じの白滝神社があります。いかにも地元の神社って雰囲気がいいですね、押渕の集落の入口から人っ子一人会いませんでしたが。天気が良いので、戻って横山展望台に行ってみます。ところがですね、展望台が混雑しててクルマの乗り入れ規制しとるのです。仕方ない、下の駐車場に停めて歩きましょう。で、これがまた石段を15分も登らされるのです、ひざが痛いって言ってんのに。展望台ではカップルや家族連れがスマホを持って一所懸命に手を伸ばしていたので、5回もカメラマンとして活躍しましたぜ、逆光だったけど。

ここをくぐれば鬼ヶ城と白滝神社です

説明板あり

石段の山道だった、、、

岩がいい感じなのだが

梯子を登るとは思わんかったぜ

褶曲してるぞ

これが洞窟

小さな滝も流れてます

地層褶曲は見応えあり

梯子を下りるの結構怖いのよ

白滝神社への道は平穏

「区内安全」が良いですね

ちょっと石段を登るけど

いい感じ

小さな白滝

横山展望台へ

3つほどある展望台に全部行ったけど

見える景色は変わり映えしない

さ、また石段を下りて戻りましょ

 志摩市歴史民俗資料館を覗いてから、鸚鵡岩に寄りました。前に来たときと反対側の駐車場に停めちゃって、これがまたまた石段を登ってく遊歩道です、だからひざ痛いって。失敗した。もうNHKの連想ゲーム(古すぎ!)で加藤芳朗が「伊勢志摩」と出したら、「石段」て答えちゃいますよ。で、そもそも鸚鵡岩って、語り場での話が、岩の反響で聞き場では別方向から聞こえてくるってシステムなので、ひとりだと何もすることないのです。アホですね。神路ダムに寄って、天の岩戸へ。名水百選の恵利原の水穴があります。現地で飲んでペットボトルにも充填(生水飲むなってあったけど)。天の岩戸はあちこちにあります。まあここは皇大神宮のお膝下なのですが、今のところ神秘さでは高千穂かな。さて今日は125社を巡っていません。少しくらいクリアしとかないと。伊勢に戻って、朝熊神社朝熊御前神社、鏡宮神社、加努弥神社と巡ります。クルマ停めるとこが見つかんなかったので結構歩いたけど、石段が無かったのでラッキー。結局、今日は9km歩いた(歩かされた?)のです。でもひざの痛みは少し引いてきました。恵利原の水穴にグルコサミンでも含まれてたんでしょうか。

志摩市歴史民俗資料館へ

甲冑の横に甲冑の顔ハメ

民俗芸能、安乗の人形芝居

見やすい展示です

志摩なので海女さんコーナー充実

海女さん道具

鸚鵡岩へ、遠い方にクルマ停めちゃった

語り場で話した声が

岩で反射するらしい

展望台から

後ろは山

倭姫の機織場がありました

神路ダム

天端は立入禁止、アースダムです

天の岩戸へ

名水百選です

左の滝は禊場

親切ですが、観光客だったら諦めてるよね

神殿

この水を汲みます

禊場の水は冷たそうです

125社巡りに戻りましょう

右側が朝熊神社、76社目

左側が朝熊御前神社、77社目

川を渡って

鏡宮神社、78社目

地元の人と話したら、遷宮の木材はこの川を曳いていったそうです

加努弥神社を探してたら、田んぼの向こうだ

畦道に靴を捕られながら加努弥神社、79社目

畦道に入らんでも舗装道路で行けたわ、、、

こいつにムチャクチャ吠えられた、バウバウ

 お風呂は霊泉湯という銭湯へ、400円。小さな浴槽2つでやや小ぶり、地下水を沸かしてるみたいで「カランの水・湯は全部飲めます」って貼ってあった。銭湯のすぐそばのガススタが安かった(151円/ℓ)ので補給、ひっきりなしにクルマが入ってきてました。

霊泉湯。左下のクルマは足立ナンバーの女子2人組、九州まで行くらしい。

 今日もWi-Fi拾えずに、またまたガストへ。もうお得意様です。そして再び二見浦総合駐車場でボッチ泊。ここは音無山駐車場よりフラットなので寝やすいのです。明日は125社を進めようかな。

 

ひざが痛くなった、12km 14社

3月2日(土)  70日目

 

 昨夜は風が強く、結構クルマが揺れました。でもたっぷりと8時間睡眠です。昨日と違って朝は10時から始動、御塩殿神社、堅田神社にお詣りです。ついでなので二見興玉神社にも寄りました。風が吹いて寒い寒い。その後は江神社を経由して、神前神社・許母利神社・荒前神社へ。今んとこ神前神社が一番キツかった。石段を往復30分、多分ここで膝に負担が掛かったな。続いて粟皇子神社、ホテルの敷地内なのでフロントにお願いしに行ったら丁寧な対応してくれました。近所のマコンデ美術館にも行ってみたいのだが、今日は125社優先です。

御塩殿神社へ

珍しく説明があった、教育委員会だけど

御塩殿神社は当然海のそばです、62社目

奥の方が社殿ですね

この砂参道すべてに箒の跡が。毎日掃いているのでしょう。

こちらは御塩焼所

二見浦駅は夫婦岩の形

堅田神社への参道

堅田神社、63社目

市町村合併から19年、今は伊勢市ですが二見町の蓋が残ってます

重文の宝日館

スタンプラリーを実施しているようで、人がいっぱい

ここもサクラ咲いてます

二見興玉神社

御由緒

強風で波が荒い

日の出時間をだいぶ過ぎた夫婦岩

そうか、サルタヒコさんをお祀りしてるから「さだひこ造り」なんだ

それにしても至るとこにカエル

カエル

カエル

色とりどりの石もカエルに見えてきそう

駐車場への帰り道にもいたぞ

赤福餅の対抗馬、御福餅の本家はここです

二見生涯学習センターでは雛祭り展示してた

ずらりと壮観な中に

仕事するのが嫌そうな人

あいたた、足がしびれたでおじゃる

江神社に行きます、「ごう」じゃなくて「え」です

江神社、64社目

神前神社には、苔むした細道から石段です

ようやく見えてきた

神前神社、許母利神社、荒前が同座。65、66、67社目

また石段を下る

粟皇子神社へは、このホテルの敷地に入ります

ホテルのプライベートビーチの横に

粟皇子神社、68社目

 鳥羽に移動します。昨夜からWi-Fiを拾うことができないので、鳥羽城跡に寄ってからイオン鳥羽へ。ところがイオンのくせにフリーWi-Fiの“AEON”が利用できん。諦めて赤崎神社へ。近くに鳥羽河内ダムがあったので行ってみましたが、道路工事中で天端通行止め、これから新ダムを建設するようです。その後、伊雑宮、佐美長神社、佐美長御前神社四社と巡って17時を回りました、今日は打ち止めです。

鳥羽に向かいました

伊勢湾フェリーが出航です

鳥羽城跡へ、家老屋敷跡の石垣横を登ると

とうとうでたね、、、

本丸に登っていきます

本丸の石垣、野面積み

わりと広い本丸

眼下にはミキモト真珠島鳥羽水族館

イオンのWi-Fiを諦めて赤崎神社へ、69社目

イオンに戻るときに、なんかでかい人がいる

すべり台だった

鳥羽河内ダムに寄ったけど、天端通行止め

これから新しいダムに生まれ変わるようです

内宮の別宮、伊雑宮

静かな境内

伊雑宮、70社目

近くにある佐美長神社へ、奥に注目

まずは佐美長神社、71社目

そして佐美長御前神社四社。72、73、74、75社目、効率が良い〜

17時を回りました、石垣を下って打ち止めです

 なんやかんやで12km歩きました、膝にきてるな。二見浦観光案内所で鳥羽温泉郷(郷か?)日帰り温泉マップを貰ってたのですが、いやぁどこも1,000〜2,000円ですぜ。明日どこか銭湯見つけて入ることにしましょう。Wi-Fi拾えなかったので定番ガストで日記を書いてたのですが、初めて2時間もかかりましたよ(3月1日分、写真が多いのと神社の漢字が苦労した)。今夜のお休みは道の駅・伊勢志摩。お、Wi-Fiバリ拾えるやん、ガスト以外で飯を食ってさっさとここに来りゃよかった。でも0℃なので寒い、今夜は電気毛布が活躍です。

 

もう歩けん、21km 55社

3月1日(金)  69日目

 

 3時間睡眠で6時に起床、7時には外宮に着きました。朝も早よから人が多い、さすが神宮だ。まずは外宮巡りから。125社と言っても、同一境内にあったり同座してたりして、純粋に125箇所を巡るわけではありません。とは言え、外宮周辺だけで10km歩きました。この後もずっと歩くのですが、後から考えりゃレンタサイクルって手もあったね、朝早くから営業してるかどうかは知らんけど。外宮駐車場にクルマ停めて、外宮周辺のお詣りです。お詣りした順に、風宮、多賀宮、下御井神社、土宮、四至神豊受大神宮御酒殿神、度会国御神社、大津神社、上御井神社、度会大国玉比賣神社、伊我理神社、井中神社、山末神社、田上大水神社田上大水御前神社月夜見宮、高河原神社、清野井庭神社、大間国生神社、草奈伎神社、打懸神社、志等美神社、大河内神社、と巡りました。この時点で腰痛いw。

朝7時の外宮

ちゃんとした名前は豊受大神宮

表参道の鳥居をくぐり

楽殿と授与所を通り過ぎて

まずは風宮、7社目

そして多賀宮、8社目

御井神社、9社目

土宮、10社目

御祭神とか由来とかは書くのしんどいので興味ある人はググってね。これは亀石。

四至神、11社目。

正宮が見えてきた、右側の白い石のところは古殿地です

正宮(豊受大神宮)、12社目

御酒殿神玉垣の中で見えんが13社目

木漏れ日の参道を通って

度会国御神社、14社目

大津神社、15社目

この先は立ち入り禁止で上御井神社は遥拝です、16社目

度会大国玉比賣神社、17社目

伊我理神社、井中神社が同座。18、19社目

山末神社、20社目。遷宮の最中ですかね。

田上大水神社田上大水御前神社が同座。21、22社目

外宮から離れて別宮の月夜見宮

月夜見宮、23社目

ここは結構、人が来ます。名前がいいから?

月夜見宮の右手にあるのが高河原神社、24社目。ここから結構歩くのだ。

清野井庭神社、25社目

大間国生神社、26社目

同じ境内の左側には草奈伎神社、27社目

またまた歩いて打懸神社、28社目

同じ垣内で左が志等美神社、右が大河内神社。29、30社目

 イオン伊勢へ移動。暫し休憩して、ここを拠点に五十鈴川周辺を。あ、明日は土曜日か、混むから内宮も今日のうちに巡りましょう。国津御祖神社、葦立弓神社、大土御祖神社、宇治乃奴鬼神社、葭原神社、月讀宮、月讀荒御魂宮、伊佐奈岐宮伊佐奈弥宮宇治山田神社那自賣神社津長神社新川神社石井神社、饗土橋姫神社、大水神社川相神社、熊淵神社と巡ってから、内宮へ。途中で猿田彦神社、佐瑠女神社にも寄りました。うわー、平日なのに内宮やっぱ人が多いわ。大山祇神社、子安神社、瀧祭神、風日祈宮御酒殿神、由貴御倉、四至神皇大神宮興玉神宮比神屋乃波比伎神、御稲御倉、荒祭宮と巡ると夕方です。途中で小銭が無くなってノーお賽銭になりましたよ、まあ賽銭箱がない神社が多いのでいいのですが。しかし、あれだけ人出があるのに、内宮域以外の神社はほぼ人が来ません。写真を撮ってても、神社建築としては基本的に全部神明造りなので変わり映えがしないw。暫く地味な日記になりそう。と言うことで、現在61/125社の進捗です。

国津御祖神社、葦立弓神社が同座。31、32社目

大土御祖神社、宇治乃奴鬼神社が同座。33、34社目

まだ歩くよ。近鉄電車が通ります。

これは何を撮ろうとしたのか?雲?

内宮別宮の月讀宮に来ました

入口そばには葭原神社、35社目

月讀宮には四つの社が並んでいます。ここも人気あり。

月讀宮、36社目

月讀荒御魂宮、37社目

伊佐那岐宮、38社目

伊佐那弥宮、39社目

また歩いて宇治山田神社、苔がキレイ。那自賣神社が同座。40、41社目

これポンカン?落ちてて勿体ないな〜

これは?キンカン?どうも柑橘系は弱い

猿田彦神社に寄りました

やっと神明造りを離れた。さだひこ造りというらしい。

隣りには佐瑠女神社

アメノウズメさんが祭神なので、奉納は芸能人ばかり

125社に戻りましょう。津長神社新川神社石井神社が同座。42、43、44社目

饗土橋姫神社、45社目

大水神社川相神社、熊淵神社が同座。46、47、48社目

ようやく内宮まで来た。なんじゃこの人出は。道ひとつ隔てた神社は誰もいなかったのに。

まさにおかげまいり

平日なのに人がいっぱいですね

ちゃんとした名前は皇大神宮です

まずは大山祇神社、49社目

子安神社、50社目

疲れてきて何を撮ってんだか

五十鈴川でお清めして

瀧祭神へ、51社目

フラットな参道はホッとするな〜

風日祈宮、52社目

楽殿を通って

御酒殿神、53社目

由貴御倉、54社目

四至神、55社目

やっと皇大神宮へ、56社目

興玉神宮比神屋乃波比伎神玉垣の中なので直接参拝できん

皇大神宮とともに参拝ってことで、57、58、59社目

もう少しだ、樹に触ろう

御稲御倉、60社目

本日ラスト!荒祭宮、61社目

疲れた、踏まず石を踏んで帰ろうか

今日はここまで、宇治橋を戻ります

 お風呂は、伊勢船江温泉・みたすの湯、800円、靴ロッカー、脱衣ロッカー、ボディソープ・シャンプー・コンディショナー備付け、ドライヤーあり、休憩室あり、食事処あり、Wi-Fiあり。温泉じゃなくてフツーのスパ銭です。伊勢はあまり良い温泉ないからね。洗い場と内湯と露天のエリアが分離されているので、多少混んででも落ち着ける。館内で夕食も済ませました。

みたすの湯、天然温泉ではありません

 さて、連夜の快活クラブでは寝不足に拍車をかけます。二見浦に行きましょう。今夜は二見浦総合駐車場でボッチ泊だ。風が強くなってきて体感温度がグッと下がってきたぞ。

 

なにかとツイテナイ、ロスタイムも多し

2月29日(木)  68日目

 

 今年は閏年か。今日もノープランで天気予報は昼から雨です。降らないうちに北側から宮川ダムでも行っときましょうか。国道42号を快適に走ります。大内山ミルク村は、お店がまだ開いてないので素通り。お、途中に阿曽の風穴ってのがある、寄りましょう。あかーん!諦めた。道がクルマ幅ギリギリのうえに落石が多すぎ。ふう、どうにかバックして方向転換した。42号に戻ると大紀町郷土資料館の看板が。あかーん!ずいぶん前に閉館しとる、看板外せよ。先に進むと瀧原宮です、ここは立ち寄りしなくちゃね。神宮125社で一番のお気に入りです。いや125社全てにお詣りしたわけではないですが。そうか、今から全部お詣りすれば晴れてNo.1と言えるわけですね。と言うことで125社コンプリートしましょう(ここからは神社に興味ない人は数日間は読み飛ばしですね)。

マンボウに見送られて出発

荷坂峠から。まだ雨は大丈夫。

大紀町郷土資料館、なんか寂れてるぞ

閉館したの、えらい前やんか

道の駅で顔ハメみっけ

瀧原宮へ。何度来たことやら。

御由緒

この参道がよい

橋を渡って

内宮同様に、川でお清めです

も少し参道を歩むと

社殿が見えてきます

シンプルです

瀧原宮。数えよう、1社目です。

瀧原竝宮、2社目

若宮神社、3社目

長由介神社、川島神社(同座です)、4、5社目

さいなら、また来ます

 さて宮川ダムへ。国道422号と県道53号でスイスイです。あかーん!今日まで天端工事やってて立ち入り禁止や、調べてから来いよ〜。まだ雨は大丈夫なので、先に進んで六十尋滝に寄ろう。ときどきクルマから降りて落石リムーバーとして働きました。停めては進みでなかなか前進しない。あかーん!諦めた。新大杉橋を越えてから落石が道にゴロゴロと鎮座しとる。ポツポツと降ってきたし、滝の3km手前で諦めました。まあ考えたら登山シーズンじゃないしクルマ通らないよなぁ。シーズンなら、かなり落石はキレイになってんのかな?方向転換は1.5車線あるので余裕です。阿曽の風穴への道はどこで切り返すかで余裕なかったけど。戻っていくと、道にはさっきまで無かった新落石がw。雨が激しくなってきたので、道の駅・奥伊勢おおだいでひと休みして、神宮125社のリサーチ。近所に多岐原神社があるのでとりあえず行っとく。でも通行止めで6km迂回(初めてナビ香が通行止めを認識しました)、ナビ香の地図は道を認識しなかったので現場近くはGoogleマップでチェック。小道を入ると駐車スペースが2台分ありますが、ここでしか切り返しできないので駐車スペースが埋まってたら大変です、小道手前の空き地に停めるのもあり。この神社も瀧原宮と絡んでるので趣きがあります。

ガーン、天端通行止めだ

宮川ダム

天端には工事のクルマが止まってます

やっぱ入っちゃダメと

ダム湖

先へ行きます。道もまだ広いし、落石もまだ細かいし。

新大杉橋

揺れはしないけど、ガコーンガコーンと大きな通過音。結局この先で諦めた。

トンネルは落石が無くてうれしい

大杉谷、いつかは歩くぞ〜

山の中にもサクラ

山肌もカッコいい

多岐原神社への小道

まだ梅が咲いてた

多岐原神社、6社目

 ますます雨、さらに紀州を離れると寒い、昼間で4℃だ。風呂にします。この辺は多気の湯か松阪温泉くらいですが、多気の湯は閉業のようです。松阪温泉熊野の郷、ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、加温、循環、塩素消毒あり、870円(クーポンで670円になった)、靴ロッカー、脱衣ロッカー、ボディソープ・シャンプー・コンディショナー備付け、ドライヤーあり、休憩室あり、食事処あり、Wi-Fiなし。フツーのスパ銭です。ついでにここで夕食、ちょっとお高いですが、サラダバーにスープに味噌汁に白ご飯に炊き込みご飯にカレーにヨーグルトにデザートが食べ放題です。野菜たくさん食べました。

松阪温泉 熊野の郷

ご飯もサラダも食べ放題で満腹

 松阪は適当な道の駅も公園も無いのですよ。快活クラブかな。どうせなら伊勢の快活クラブにするか。20km走ってチェックイン、また寝不足になるな、、、。

 

今日は、まったり

2月28日(水)  67日目

 

 寒い、フロントウィンドウに霜が降りとる。今日はノープランです。オハイに行こうかと思ったけど、嫁さんを連れていくつもりなので、天気いいけどパス。うーん、クチスボダムへ。酷道425号を通りますが、ダムまでならノープロブレム。その先は新車同様(もう新車じゃありません)のクルマでは躊躇います。ダムカードを貰いに熊野古道センターへ。途中に尾鷲神社があったのでお立ち寄り。なんだ、昨夜の夢古道の湯は熊野古道センターを目指せばよかったんだ。ナビ香が北側の細い道に誘導するもんだから迷っちゃったのに。一応再確認したけど、やっぱ夢古道の湯は昨日から3月1日まで休業でした。熊野古道センターで、そのうち歩く予定の伊勢路情報をリサーチ。センター員さん親切でした。

寒いけど良い天気になりそう

クチスボダムへ。さすがにこのトンネルは離合が厳しいが。

ダムまでは対向車1台だけで余裕でした

天端には入れない

下流側の橋から

ダム直下にしては水がキレイ

尾鷲神社に立ち寄り

説明板

ちょっと怖い狛犬さん

拝殿

大クスが鳥居の横に

説明板があった

いい枝ぶりです

熊野古道センターへ

展示棟は見やすくて👌

ビデオ説明が充実してて、時間を過ごせそうです

熊野三社の牛王神符

左は便石山、右は天狗倉山。次に来たとき登ろう。

 安定の浜口石油でガソリン補給(尾鷲は高い、171円/ℓ)して、河津桜が見頃との情報を得た種まき権兵衛の里へ。いや、もう葉桜です。河津桜は葉っぱが目立つから仕方ないですね。蜜を吸いにメジロがたくさん飛んでたのですが、奴ら速すぎて撮れん…。気温も上がって風が気持ち良いし、暫くここでポケ〜っとしてました。さてどうするか、宮川ダムにでも行く?でも南からだと険道603号だしなー。うん、今日はまったりしよう。真っ昼間から風呂いくか。14kmほど走れば温泉です。途中で海山市郷土資料館へ。まあ所狭しと色んなものを置いてます(あまり整理はできてないけど)。建物は有形文化財で地方にしてはモダンな西洋建築。金持ちの林業家が建てて、木材の展示場・入札場として使ってたらしい(館長談)。温泉に向かう途中で1,234km走行です。

種まき権兵衛の里へ

権兵衛さんとこは熊が出没したらしい

回遊式庭園があった

桜が咲いているのは駐車場の方

葉桜だけど晴れててキレイ

他品種と比べると葉っぱが大きいよね

じゃあ暫し花見を

まったりと過ごしました

海山市郷土資料館へ

わりといろんなモノが

雑然と展示中

フラッシュ焚いてるけど、薄暗いとこに急にマネキンがあってちょっとビビった

よく見ると端正なお顔立ちですねw

 久しぶりに、きいながしま古里温泉、ナトリウム-炭酸水素塩泉、加温、循環、塩素消毒あり、520円、貴重品ロッカー100円返却式、脱衣カゴ、ボディソープ・シャンプー・コンディショナー備付け、ドライヤーあり、休憩所あり、Wi-Fiなし。この辺りでは貴重な温泉です。ヌルスベでいい感じ。塩素臭はしないんだけどRedEyeになっちゃった。昼間からぞくぞくと入浴客が入ってきます。海の町なので仕事を終えた時間帯ですかね。夕食は紀伊長島駅の周辺なら何かあるだろうと、オークワにクルマ停めさせてもらって(もちろん後でジュース購入したよ)、駅周辺を散策。人が吸い込まれていくラーメン屋さんがあったので入ってみた。餃子は美味しいけど醤油ラーメンはフツー、白湯麺のほうがよかったかな。

きいながしま古里温泉、いい湯でした

紀伊長島駅周辺をぶらぶらしてると

ペガサス(?)や

人魚(?)や

半魚人(?)とかの木彫りが道の両サイドに色々と並んでたぞ、わけ分からんが

ラーメン出てくるの待ってる間に餃子食べちゃった

 2km走れば、道の駅・紀伊長島マンボウです。今夜はここで。車中泊クルマ6台、気温6℃で昨夜よりは全然マシ。

 

本日も磐座な一日でした

2月27日(火)  66日目

 

 天気が良いと朝が早い。日の出を見て出発です。新宮に戻ってコインランドリーへ。洗濯機が無く、乾燥機と洗濯乾燥機ばかり。乾燥機の必要性ってそんなにあるの?とりあえず洗濯乾燥機に放り込んで50分待ち。その間に熊野速玉大社にお詣り。そして尾崎酒造さんへ。いや和歌山は海南と有田川を過ぎると新宮まで酒造が無いのですね。梅酒製造所はあるけど梅酒は酒じゃないもんね(酒です)。さて洗濯物を取り込んで、神倉神社、徐福公園、阿須賀神社、丹鶴城(新宮城)と巡って新宮を離れます。天気いいので、また山へ向かおうか。

まだモーニングムーンが残ってます

もうじき陽が昇ります

意外とね、日の出待ちの人がいるのですよ

陽が昇りました。今日も良い天気でありますように。

おっと、顔ハメあった

洗濯の間に熊野速玉大社へ

神門へと歩きます

立派な牙の狛犬さん

手水舎の龍は鼻が長いぞ

御由緒

拝殿

境内は灯籠の補修中

境内社の新宮神社は

たくさんの祭神を合祀しています

御神木の梛、葉っぱが横に裂けないのと凪に通づるので夫婦和合の木ですね

尾崎酒造さんへ

事務所で購入のスタイル

定番の純米酒を購入

神倉神社へ

この急な石段を登ります。登れない人はここでお賽銭箱。

ヒィヒィ言いながら登ります

着いたー

磐座信仰のゴトビキ岩がそびえます

落ちてきそうですね

新宮市街を見下ろします。さあ戻りましょう。

写真で見るより急です、コケたら死にます

下りてきました

特に何もないのですが徐福公園へ

いや顔ハメがあります。後ろの像は徐福さん。

徐福さんのお墓もいろんなところにありますね

須賀神社

鳥居の前では

赤目の狛犬さんに睨まれました。塩素消毒の温泉に入ったのかしら。

拝殿

本殿は一間社妻入り

摂社には、お稲荷さんと徐福さん

新宮城に寄ります

刻印?それとも割ろうとした?

本丸

搦手門は通れません

出丸からは、図書館から見たのと同じ景色が

中央に見えるのは、さっき行ったゴトビキ岩です

 お気に入りの赤木城へ向かう途中で、神内神社、古神殿、引作の大楠に立ち寄りました。引作の大楠で1,111km走行だとナビ香が知らせてくれます。次は1,234kmかな?登るついでに展望所から丸山千枚田でも眺めようかと進むと、また通行止めだ。迂回します。廻り道で紀和鉱山跡に寄ってから赤木城へ。藤堂高虎の初期の築城です。中世から近世への過渡期にあたりますが、石垣の積み方、と言うか見せ方(?)がなんとなくオシャレなのですよ。戻りは通行止めを迂回して、千枚田の中を下っていきます。

神内神社へ

道路沿いの鳥居をくぐり

横の川でお清め

こりゃまた宇宙犬のような狛犬さん

石段を登ると

たくさんのよだれかけが奉納されてます

ここも磐座信仰

神社から少し下りた古神殿

神内神社の元の宮です

サクラ、キレイ

古神殿の岩の上からは長閑な町が

でも踏み外すと転落です

引作の大楠、1,111km走行地点。また熊楠さん登場。

なかなかの勇姿

幹も立派

引作神社には、大楠の前で記念撮影のような狛犬さん

なぜナビ香は通行止め情報を知らないのか

紀和鉱山の選鉱場跡

当然、立ち入り禁止です

カッコいいぞ、働く男

ようやく赤木城

以下、赤木城の石垣を中心にどうぞ

うん、いい城だ

丸山千枚田を通って戻ります

冬だから見映えしないけど

 海岸線に戻って、産田神社、熊野市歴史民俗資料館へ。資料館では館長さんと立ち話、ウチの田舎の地区にはもう一人しか居住してないらしい。どんどん田舎が消滅していきます。イザナミさんの陵墓である花の窟、獅子岩鬼ヶ城へ。鬼ヶ城は何度も行ってますが、初めて遊歩道を全面踏破しました。強風とか高浪ですぐ通行止めになるからね。往復90分、夕方になると急に風が冷たくなってきた。ここから先は温泉に恵まれないので銭湯を探したのですが、どこも廃業です。夢古道の湯というスパ銭ぽいのを見つけました。

産田神社へ。サンマ寿司発祥の地です。

イザナミさんはカグツチさんを産んだときに火傷でお亡くなり

ちょっとおとぼけ狛犬さん

素足であれば本殿の前まで入れます

熊野市歴史民俗資料館で館長さんと立ち話

展示は小ぢんまりと

いろいろ置いてますが

こ奴が一番目立ってた

さっきの産田神社と一対の花の窟へ

イザナミさんの顔ハメは畏れ多いぞ

一応、日本最古の神社とされてます

ここも磐座

かなりでかい

どうやってお綱かけするんだろうね

お向かいにはカグツチさん

獅子岩に立ち寄って

鬼ヶ城

以下、風と波に浸食された風景をご覧あれ(キャプションめんどくさくなった)

 

 尾鷲まで42号線を一気に進みます。途中ドライブインで夕食を済ませ、迷いながらお風呂に行くと、今日から暫くメンテナンスで休館ですよ。ツイテナイ。もう今日は探すのもメンドイので明日にします。泊まりは道の駅・海山、車中泊クルマは5台ほど。気温は3℃ですが、夜がふけるともっと下がるでしょう。今夜は寝袋+毛布+羽毛布団で凌ぎましょう。

 

晴れたぞ、寒いぞ、山の中の一日

2月26日(月)  65日目

 

 晴れました。海もキレイけど晴れたときこそ山へ。うん、母方の田舎が近いので、大丹倉に行ってから、四半世紀ぶりくらいに田舎に寄ってみるか、誰も居ないが。てことで、県道52号を南から登っていくと土砂崩れで通行止めだ。ナビ香よ、道路情報はゲットしないのかい?オレの設定が悪いのかな。仕方ない、県道34号から迂回しましょう。七色ダムを経由して先に田舎へ。子供の頃は広い道だと思ってたのは1.5車線道路だったのね。うむ、家もだいぶ朽ちてるな。暫し懐かしさに浸ってました。さて大丹倉(おおにぐら)へ県道52号を北から攻めます。ゆ〜っくりと時速20kmくらいで走ったんですが、落ち枝と細かい落石をかわしきれずカチーン、ピシーンと音がします。もう新車ではありませんね😭。丹倉(こっちは、あかくらと読みます)神社にもお立ち寄り。大丹倉の岩の上に登ると、いやぁ今日は山がキレイだわ、晴れた天気の恩恵はワンダホーです(素晴らしいとか天晴れとかって「晴」が入ってるもんね)。ちょっとタマヒュンになりますがw。

七色ダム。放流してるのに見えんぞ。

天端からはドドドと放流が見えます

下流側はいい景色

上流側も

天端から見上げる

天端は国道169号が通ってます

田舎へ、ちゃんと車道は通ってます

家から先は通行止めですけど

田舎の家です、朽ちてます

この縁側から大丹倉を眺めてました

この岩に座って下に見える町を眺めてました

この山道を下って下の町までアイスを買いに行ってました、往復1時間以上

この尾川川で泳いでました

さて大丹倉へ。こんな道を10kmほど走ります。

丹倉神社へ

苔むす参道を下ります

おお、岩が

手水舎は山の水

周りは苔むす岩だらけ

磐座信仰の神社なのです

これ何だっけ、南天

参道を登って戻ります

も少しクルマで走って大丹倉へ

木立ちの道を進むと

大きな岩に。登るより下りるほうが怖い。

岩に登ると

山がキレイ

谷を覗くと落ちそうです

落ちたら一巻の終わり

晴れないと来れない

熊野の山は他と違うな

暫し休憩

右手の方にドンメルのような岩が。その右下には、

滝だ。ほぼ垂直な流れ。

眺めを堪能したので戻ります

52号線を戻る途中には大丹倉のビューポイントがあります

さっきまであの辺りにいたのか。右下には、

またまた滝です

 さて大きく迂回したので、もう14時近い。初訪問の小森ダム、雷の滝、オトノリ園地、小松園地、瀞峡と巡りました。ホントは木津呂集落の龍穴を見に行きたかったのですが、一昨年あたりから立ち入り禁止になっているようなので今回もパスです。小松園地を後にし小松トンネルを抜けて十津川村に入ったところで、早くも1,000km走行になりました。新宮市に戻るのですが、17時までに熊野本宮に着けそうなので、お詣りに行きましょう。

小森ダム。立ち入り禁止なので遠くから。

おっとナビ香よ、これを通れと言うのか

上下にグワーングワーンと揺れてスリル満点

国道169号の途中には雷の滝

虹が掛かっとる

なかなか立派な滝なのに

こんなにお手軽な場所にあります

滝壺はガードレールから覗かなきゃ見えない

ここからさっきの小森ダムの下流面も見える

さらに進んでオトノリ園地からの川の眺め

そして小松園地へ

瀞峡のミニ版って感じ

小松の不整合はもっと左手の方なのだが、岩を越えるの面倒で行きつかず

この辺の岩で満足しときます

小松園地のすぐそばには上滝トンネルがあるのだが

トンネルを抜けると急に行き止まりですw

本家本物の瀞峡にきました

静かすぎです

今日は誰もいません

瀞ホテルも閉まってます

熊野本宮大社

石段を登って神門

「神門から先はSNSご遠慮ください」とのことなので、写真はここまで

石段を下りて戻ります

少し歩くと産田社、イザナミさんの荒御魂をお祀りしてます

そして大斎原、本宮は明治時代までここにありました

駐車場に戻る。これ絶対にディズニーに許可取ってないよねw

 

 今日の入浴は川湯温泉にします。川湯温泉公衆浴場、アルカリ性単純泉、源泉掛け流し、300円、脱衣ロッカー100円返却式、脱衣カゴ、アメニティ備付け無し、ドライヤーあり、休憩所なし、Wi-Fi未確認。浴槽はちょうどいい温度(42℃くらいか)ですがカランの湯が熱過ぎ。水カランとの調整も難しく、ずっと浴槽の湯を使いました。浴槽では無味無臭っぽいのですが、飲泉するとふわっと玉子臭が。普段使いの湯にするなら最適かもね。

川湯温泉公衆浴場

オレには適温でした

亀屋旅館は廃業してた。20数年前に泊まった。

仙人風呂は、今はみんな水着着用

 明日は降雪も無いようなので、この辺で泊まってもいいのですが、海沿いより2-3℃は低いので下りましょう。道の駅・パーク七里御浜にします。隣りがスーパーマーケットのオークワで21時まで開いてるでナビをセット。、、、ナビ香よ、フツーは168号から42号と走りやすい道を選ぶぞ。なぜ細い311(サンピンピン)号に誘導する?キミは「夜はクネクネ」派なのか?まあナビ香のクセをキャッチアップするまでは従いますが、おかげでハンドル操作アシストが一時停止しましたw。そして無事に到着、オークワで半額弁当もゲットです。夜は急に冷え込んできました、海岸沿いで4℃です。とりあえず下りてきてよかった。